2024年1月12日 更新

手作りで無添加を叶える♪手作り「ラーメンスープ」レシピ

寒い日には、アツアツの「ラーメン」が恋しくなりますよね。子どももラーメンが大好きです。ですが、市販のインスタント麺は添加物がちょっと気になる…そんな方は、ラーメンを手作りしてみませんか?

237 view お気に入り 0
 (132823)

ラーメンの添加物

ラーメンには、麺の食感やコシを作る「麺質改良材」や、油脂を均一に分散させる「乳化剤製」、油分の酸化を防ぐ「酸化防止剤」などの添加物が使われています。

また、不足しがちな栄養素を補うために、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウムなどの「栄養強化剤」も加えられることがあります。

ラーメンには、リンやカラメル色素などの添加物も含まれています。

リンを過剰に摂取すると、腎臓機能の低下や体内のカルシウム欠乏症、副甲状腺ホルモン分泌異常などの健康被害を引き起こす可能性も指摘されています。
 (132824)

体に悪いとよく列挙されるのは、炭酸カルシウム、増粘多糖類、カラメル色素やカロチノイド色素などの色素類、乳化剤、酸化防止剤あたりでしょうか。

◆インスタント麺の添加物「かんすい」って?

インスタントラーメンのめんにどうしても欠かせない成分、それが「かんすい」です。

かんすいとは、「炭酸ナトリウム」・「炭酸カリウム」・「リン酸系のカリウム塩」・「ナトリウム塩」のうちのどれか1つ以上を含む液体または粉末のアルカリ剤のこと。

かんすいを加えることで中華麺独特のコシや弾力、歯ざわり、香りが生まれたり、麺の発色がよくなったりするため、ラーメンには欠かせないようです。

 (132825)

かんすいの成分はほとんどが茹で汁に溶け出すので、茹で汁の過剰摂取には注意が必要です。
かんすいの過剰摂取による症状は以下の通りです。

・消化器系のダメージ
・胃部膨満
・浮腫

炭酸カリウムを過剰に摂取すると消化器系が損傷する恐れがあり、炭酸水素ナトリウムを摂り過ぎると胃部膨満や浮腫の原因となる可能性があると指摘されています。

かんすいの成分はほとんどが茹で汁に溶け出すため、麺を茹でるお湯とスープを作るお湯を別々にするなどの対策をすることで、過剰摂取を防ぐことができるでしょう。

また、スープを飲み干さないようにするなどの対策も有効ですね。
下記のようなかんすい不使用の麺も販売されています。

それではこれより、ご家庭で作ることができる、無添加のラーメンレシピをご紹介していきます。

かんすい不使用の麵を使い、ご自分でスープを作ればばっちりですね!

家で手作り!ラーメンスープの作り方/だしの取り方

48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

1個ならラップでもOK♪ 味玉を簡単に作る工夫いろいろ

1個ならラップでもOK♪ 味玉を簡単に作る工夫いろいろ

味玉はゆで卵をいくつかタッパーに入れて、だし醤油などに漬けて作るイメージがありますよね。ですが、ラップを使えば、1個から味玉を簡単に作ることができるんです!ラップで作る味玉作りの工夫をご紹介します。
yokapon | 6,009 view
おひな祭りに挑戦したい♪話題の「水玉ちらし寿司」の作り方

おひな祭りに挑戦したい♪話題の「水玉ちらし寿司」の作り方

華やかで見た目も味も美味しいちらし寿司。今回話題になっているのは「水玉ちらし寿司」と呼ばれるもの。ひな祭りにもぴったりの可愛い「水玉ちらし寿司」について見ていきましょう!
yokapon | 3,923 view
「萌え断」で話題!行楽のお弁当に「わんぱくサンド」がおすすめ♪

「萌え断」で話題!行楽のお弁当に「わんぱくサンド」がおすすめ♪

インスタグラムで話題の「わんぱくサンド」。美しい断面と野菜たっぷりで栄養満点なサンドイッチが、意外と簡単に作れて楽しい!と人気が続いています!行楽のランチにもぴったりな「わんぱくサンド」の基本の作り方や人気のレシピをまとめました♪
cobachi | 5,835 view
「白だし」を上手く使いこなしたい!白だし活用レシピ

「白だし」を上手く使いこなしたい!白だし活用レシピ

白だしを購入したけれど、いつも使いきれない、上手く使いこなしたいという方向けにご提案!こちらの記事では、白だしを使ったレシピをバラエティ豊かにご紹介しています。どうぞご覧ください。
ruru | 9 view
ジブリ映画のごはんを再現『ジブリ飯』レシピ8選♪

ジブリ映画のごはんを再現『ジブリ飯』レシピ8選♪

ジブリ作品には、観ていると思わずお腹が鳴るようなとても魅力的なジブリ飯が登場します。登場人物たちは食べ物を実においしそうに食べていますよね。そんな「ジブリ飯」の人気レシピをご紹介していきます。ご自宅でもぜひ再現して、家族やお友達と味わってみてはいかがでしょうか?
ruru | 132 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事