2020年9月8日 更新

いきいき長持ち! 大葉(しそ)の保存方法いろいろ&大量消費レシピ

食卓の彩りを良くしたり、香りを良くしたりする大葉(しそ)。さて、大葉はどんな保存方法が正しいのでしょうか?冷凍?冷蔵?それとも乾燥?大葉の良さを生かすため、大葉がしなびてしまわないよう、正しい保存方法を覚えるとともに、大葉を大量消費するレシピをご紹介します。

263 view お気に入り 0

大葉(しそ)は、冷蔵で約2週間、冷凍で約3カ月間保存できます!

新鮮な大葉は香りが強く、鮮やかな緑色で、葉先までピンと張っているので、この状態のうちに保存するのが望ましいです。

冷蔵であれば、約2~3週間は日持ちします。

さらに、大葉をざく切り、またはみじん切りにして冷凍保存すれば、約1~3カ月もたせることができます。

用途に合わせた保存方法で、風味を楽しみましょう。

●冷蔵保存のやり方

冷蔵庫の中は乾燥しています。しそはとても乾燥に弱いので、みずみずしさを保つにはひと工夫が必要です。
少量の水を注いだ瓶に、軸を下にして大葉を挿し、ラップをして冷蔵庫の野菜室で保存します。

このときに、葉が水にふれていると傷みやすくなるので注意してください。

3日に1度、水を取り替えます。

瓶のふたをして冷蔵庫で保存。コップの場合はラップで密閉する。
瓶がない場合は、乾燥しないようにキッチンペーパーに包み、ペーパーごと水につけて湿らせ、ビニール袋や密閉容器に入れて保存しましょう。

●冷凍保存のやり方

ざく切りまたは粗いみじん切りにし、
冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ入れます。

凍ったまま使用でき、パスタに入れたりドレッシングに加えたりと、アレンジ次第でさまざまな料理に利用できるのでとても便利です。

凍った状態で袋の上から揉むとさらに細かくなるので、料理にトッピングする際などにおすすめ。

●乾燥保存のやり方

しその葉を乾燥させるには、電子レンジを使うと簡単です。
水分が飛ぶとパリパリの状態になるので、手で軽く揉むだけで粉々になります。

細かくしてから保存袋や密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「下味保存」でしっとり仕上がる♪ 鶏むね肉の「下味保存」アイデア集

「下味保存」でしっとり仕上がる♪ 鶏むね肉の「下味保存」アイデア集

鶏むね肉は味付けしてから冷凍・冷蔵保存することで、味がしっかり染み込むだけでなく仕上がりがしっとりするんです!料理の幅が広がる、鶏むね肉の下味保存のレシピをご紹介します。
yokapon | 12,634 view
おやつもおかずも♪ 話題の牛乳大量消費レシピを作ってみよう!

おやつもおかずも♪ 話題の牛乳大量消費レシピを作ってみよう!

新型コロナウィルスによる小・中学校の休校により「牛乳」が余ってしまい、“牛乳を大量消費”できるレシピがメディアやネット上で話題になっています。ご家庭でも、牛乳が余ってしまう時って結構ありますよね。消費期限が近くなった牛乳を消費したい場合にも、ぜひとも作っていただきたいレシピを集めました。
ruru | 779 view
離乳食の保存にはラップが便利!離乳食のフリージングのコツを伝授♪

離乳食の保存にはラップが便利!離乳食のフリージングのコツを伝授♪

生後5ヶ月頃あたりからスタートする離乳食ですが、食べる量はほんの少しなのに、下ゆでしたり、つぶしたり、何かと手間がかかりますよね。毎回いちから作るのはたいへん! まとめて作って、小分けにして冷凍しておくととても便利ですよ。
ruru | 853 view
箱買いしてももう腐らせない!みかんの保存のコツと裏ワザ

箱買いしてももう腐らせない!みかんの保存のコツと裏ワザ

大人も子供も大好きなみかん。寒い時期になると、お得な箱買いをしたり、 段ボールに入った大量のみかんが送られてきたりしませんか?こちらでは、箱買いみかんも腐らせない、みかんを長持ちさせる保存方法をご紹介します。
ruru | 801 view
夏の味をたっぷり楽しめる!きゅうりの大量消費レシピまとめ

夏の味をたっぷり楽しめる!きゅうりの大量消費レシピまとめ

夏に旬を迎える野菜といえばきゅうりですよね。しかしきゅうりをたくさん買っても、消費できないということがあると思います。こちらではそんなきゅうりを大量消費できる、簡単便利なレシピをまとめて紹介します。
macpork08 | 672 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ruru ruru

おすすめの記事

今注目の記事